今後の展開

タイピング

FL-netを認証する機器は大幅に数を増やしている。
FL-net以外でも多くのネットワーク構築のハードウェアが開発されているが、FL-netの数には追いつかない。
また、新しい仕様の開発も積極的に取り組まれており、各会社はユーザーの要望を常に取り入れている。

ネットワークはフラットに使用される必要がある。
現在はネットワークはスイッチングハブやQoSが取り入れられており、様々な使用例がある。
快適な仕様のためには、FL-netも常にこのような新しい使い方に追いついていくための開発が必要である。
こうしたスムーズな仕様を実現するために、登録や認証のための料金は必要としていないのもFL-netの使用例の特徴である。

特徴

ハードディスク

FL-netの特徴は、その汎用性である。
工場では何台ものパソコンやコントローラー、機械をつかうことになる。
そして、一気に機械が作動するために、単純な動きでも少しでも止まることがないような機能がネットワークには求められている。
FL-netではこの機能が完璧に供えられている。
最大250台もの機器がFL-netを通して繋がることが可能なのである。
そして、今ではFL-netを認証することができる機器は、ハードウェアやソフトウェアでも大幅に増えてきている。

また、二つの種類の通信が可能となっている。
通信機能を備えているため、各機器での情報を共有することができるように開発されているのである。
また、通常のパソコンに繋ぐことも可能となっている。
対応している機器は徐々に認証されてきており、ドライバーを導入し、通常のパソコンでも使うことができる。

また、各機器のスムーズな動きを実現するために、コモンメモリの容量も大変大きい。
メンテナンスもし易い。

既存のネットワークを使う

ハードディスクアップ

FL-netはイーサネットをベースとしたネットワークである。
イーサネットはもともとインターネットや社内のデータのやり取りのために使われてきたものなので、このために新たなハードウェアを揃える必要が無いのである。

しかし、FL-netとインターネットには違いがある。
FL-netでは、高速な接続が可能となっている。
イーサネットは、生産指示などの情報や制御のために、FL-netの上位の動きをする際に使用する。
FL-netでは、接続を単純なデータを交換するために使用されるものなので、単純な動きのプログラミングに使用される。
そもそも動きが違うが、同じ機械で二つのネットワークを共有することがあるので、接続の仕方には注意が必要である。

プロトコルとは通信のために必要な機能であるが、このFL-net用のこのプロトコルのプログラムは公開されている。
公開されているため、誰もが利用しやすく、全てのコントローラーにプログラム設定が可能となっているのである。
このネットワークでは、すべての機能やアプリケーションが同じリンクで行われるため、特別なハードウェアが必要ない。
開発には多くの企業が関わっているので、仕様が公開されているのである。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

September 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930